FC2ブログ
2021 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2021 07
飛騨古川を巡る・・・渡辺酒造店
- 2009/12/20(Sun) -
蓬莱の酒蔵がある渡辺酒造店・・・・

『飛騨古川の町並には、みごとなほど、気品と古格がある。観光化されていないだけに、取りつくろわぬ容儀や表情、あるいは人格をさえ感じさせる』と語ったのは作家司馬遼太郎氏(「街道をゆく」)。出格子の古い商家が並ぶ壱之町は落ち着いたたたずまいを見せ、白壁黒腰壁の土蔵が続く瀬戸川沿いには今なおしっとりした情緒が漂います。

藍色の暖簾をくぐって蓬莱の酒蔵へ。そこには長年にわたって美酒を醸し続けてきた老舗ならではの静かな時間と濃密な空気が満ちています。

享保17年(1732)に渡邉家の初代久右衛門が当地で「荒城屋」と称して業を起こし、2代目久右衛門は両替業を始めると共に生糸を製造して京都に販売し、産を成しました。
渡邉家が酒造りを始めたのは明治3年(1870)、5代目久右衛門章でした。生糸の商いで京都に旅した折に口にした酒の旨さが忘れられず、自ら居するこの地に酒蔵を構え、旨い酒をとの一心で酒造りを始めました。
謡曲「鶴亀」で謡われた「蓬莱」を銘柄として選びました。「蓬莱」は仙人が住むと云われる不老長寿の桃源郷・・・そして、「蓬莱」は人に慶びを与え、開運をもたらす縁起のよい「酒ことば」です。


蓬莱は飛騨を代表する美酒だと思います。一度お試しあれ~~


091203k10Dblog21.jpg

091203k10Dblog25.jpg

091203k10Dblog24.jpg
この記事のURL | 街角散策 | CM(2) | ▲ top
<<飛騨古川を巡る・・・蒲酒造場 | メイン | 飛騨古川を巡る・・・壱之町珈琲店2>>
コメント
- -

老舗の酒蔵なんですね。
どんなお酒を造っているのかしら一杯飲んでみたいわ。
2009/12/20 19:38  | URL | Green #1wIl0x2Y[ 編集] |  ▲ top

- Re: タイトルなし -

> 老舗の酒蔵なんですね。
蓬莱というお酒なんですが、これがまた旨いんですよ
一度、飲んでね~
2009/12/20 20:11  | URL | jun #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |