FC2ブログ
2021 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2021 07
古い町並み2・・・四間道(名古屋市西区)
- 2010/01/08(Fri) -
江戸時代の面影が色濃く残る・・・

さて、堀川沿いの中村区と西区の境にあるのが中橋。
ここからは「四間道」という土蔵造りの建物が並ぶ通りです。
その入口となる中橋のたもとには浅間神社がある。

木花開耶媛命(このはなのさくやひめのみこと)を祀った古社で、
この地に移ってきたのは1647(正保4)年と「尾張誌」に記録されている。
境内には当時からのクスノキやケヤキが計7本あり、保存樹に指定されている。


080906k002x.jpg

路地の奥に祀られているのが子守地蔵尊です。1858(安政5)年頃、
井戸水をくみ上げるため現在のお堂の20メートルほど南、
今のマンホールの少し北側に井戸を掘っていたところ、
地中から30センチほどのお地蔵さまが出てきたのです。

お地蔵さまには1710(宝永7)年という刻銘があり、発見より150年も前に作られたことになります。
かつて、庄内川が氾濫して洪水となったときに上流からこの地に流れてきて埋もれてしまったと推測されています。

たった30センチのお地蔵さまが、たまたま掘った場所から出てきたのは、
お地蔵さまにあった、ここを掘って祀って欲しいという意志がそうさせたのだと信じられており、
1895(M28)年には現在の御堂が建設され今も大切にされています。


080906k025x.jpg

080906k026x.jpg

二階に社のミニチュアのようなものがつけられた長屋がありました。「屋根神さま」です.
神社へお参りするときだけでなく、庶民の生活を普段から守って欲しい、
そして常にお参りができるようにと祀られたのが屋根神さまです。


080906k069x.jpg
この記事のURL | 街角散策 | CM(2) | ▲ top
<<街・・・夕暮れに想う1 | メイン | 古い町並み・・・四間道(名古屋市西区)>>
コメント
- 懐かしさが残る町 -

大都会の真ん中にひっそりとでも元気にいきづく町があるとても素晴らしいし景観が見事で懐かしい町そんな気持ちが惹かれそうになるちいきなんですね
2010/01/09 11:16  | URL | Green #1wIl0x2Y[ 編集] |  ▲ top

- Re: 懐かしさが残る町 -

ビルの角を曲がると異次元の世界が広がっている
やはり人は昔の風景に心休まる想いを感じるのでしょうか
2010/01/09 11:31  | URL | jun #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |