2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
季節を告げる花達3・・・早春の小路をゆく・・・
- 2010/02/28(Sun) -
流れ落ちる滝のごとく咲き誇る枝垂れ梅
ピンク色の雨が降り注いでいるようだ
そこに日本人の好きな風景を見た気がしました


万葉集にこんな歌があった
「わが園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れくるかも」 

:我が家の庭で梅の白い花びらがしきりと散っている
 いや、あれは、遥かな天空から雪が舞い落ちているのだろうか・・

「御苑生(みそのふ)の竹の林に鶯はしば鳴きにしを雪は降りつつ」

:御園の竹の林で、鶯はもうたびたび鳴いていて春の訪れを告げているのに、雪はまだ降り続いているよ



ほんとうに空から雪が舞い降りているような光景がそこにありました

090228k10 106v

090228k10 008v

江戸時代以降、花見といえばサクラということになっている
しかし奈良時代以前に「花」といえば、むしろ梅を指すことの方が多かった
そんな日本らしい花を和の代名詞である竹越しに覗いてみた
贅沢なコラボである


この景色を見ながら、梅の花をお酒に浮かべながら飲む
柔らかい春の風を感じ、小鳥のさえずりを聞きながら春を感じる・・・
最高でしょうね


090228k10 033v

枝垂れ梅の醍醐味はこんな姿にあるのでしょうか
流れ落ちる滝のように、また天から舞い降りる雪のように
紅白の花の姿は、まさに錦絵のごとく絢爛豪華な姿です


日本人がもっとも好きな景色、日本の美意識がそこにあるのかもしれません


090228k10 014v

090228k10 013v

この記事のURL | 季節の花便り | CM(0) | ▲ top
<<季節を告げる花達4・・・早春の小路をゆく・・・ | メイン | 季節を告げる花達3・・・早春の小路をゆく・・・>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。